Web拍手の1行メッセージでご感想など頂けると励みになります。


oss

ドイツ歩兵中隊の編制

  • 中隊本部
    • 第1小隊
      • 小隊本部
      • 第1分隊
      • 第2分隊
      • 第3分隊
      • 第4分隊
      • 軽迫撃砲班
    • 第2小隊
    • 第3小隊
    • 対戦車銃分隊
    • 補給段列
    • 糧食段列I
    • 糧食段列II
    • 後方段列

 ドイツ歩兵中隊の編制について、もっともよくまとまった本は、Buchner[1991]であろう。Buchnerは、1940年4月15日現在の第9歩兵師団の編制を例にとって、微に入り細に入り歩兵部隊の内容を明らかにしている。

 U.S.War Dept.[1990]は1944年当時のアメリカ軍の情報将校のためのハンドブックで、最近大日本絵画から翻訳が出版された「日本陸軍便覧」のドイツ軍版である。非常に包括的で精細な内容を持つが、主に1944年頃の状況について述べているし、数字のまとめ方が独特で、編制図を作成するために基礎的な情報が欠けている場合がある。

 Gajkowski[1995]は主にドイツ軍の歩兵分隊レベルの戦術と訓練について述べた私家本だが、主に1943年以降について、いくつかの代表的な歩兵中隊のバリエーションの構造を付録として載せている。この付録だけで、本1冊分の値打ちは優にある。

 段列の内容については、Frank[1994]が得難い資料である。ドイツ軍の補給関係で、この本以外では見られない情報は数多い。

 この文章ではこれらの資料に加えて、Dr. Leo Nieholsterのサイトから得られた情報を比較しながら、歩兵中隊の編制について述べて行く。(参考文献の書誌情報はこのページの末尾にある)

中隊本部(班)

  • 中隊長(大尉または中尉、やむを得ない時は少尉)
  • 本部班長(技術軍曹)*注1
  • 伝令兵 4名
  • 自転車に乗った伝令兵 2名
  • 従卒(自転車) 1名
  • 衛生下士官(自転車) 1名
  • 衛生兵 1名

 この衛生下士官は医師ではない。手当てを要する負傷者が出ると、大隊本部にいる医師のもとへ負傷者を運ばねばならない。それに必要な限りでの応急処置は施すけれども、怪我人を治すのでなく運ぶのが主な仕事であった。(Buchner)

 このころの歩兵中隊には無線や電話を扱う部隊はいないので、もし必要があれば大隊本部などから融通してもらわねばならない。少なくとも1944年にはこれは改められ、無線機を背負った3名の通信兵が随行するようになった。(Gajkowski)

 Buchnerによると、後に伝令兵のうち1人には狙撃銃が支給されるようになった。大戦も末期を迎えた1944年11月以降、国民擲弾兵師団の擲弾兵中隊などでは、この中隊本部直属の狙撃兵が4名ないし6名に増強された。(Gajkowski)

第1小隊

  • 小隊本部(班)
  • 小隊長(少尉、第2・第3小隊は一等軍曹か技術軍曹)
  • 小隊本部班長(三等軍曹)
  • 伝令兵3名
  • 衛生兵1名
  • 御者1~2名、馬車1~2両、馬車あたり馬2頭

 この馬車は武器・弾薬の他、修理や陣地構築のための工具を載せるために使われる。戦闘が近いときは後退して、中隊の補給段列と行動を共にした(Buchner)。携帯食糧1食分も積み荷に含まれていた可能性がある。

  • 第1分隊
  • 分隊長(下士官、やむを得ない時は上級伍長または伍長)
  • 軽機関銃チーム 3名(2名はピストル、1名は小銃を持つ)
  • 小銃手 6名(副分隊長を含む)

 分隊長は開戦時にはまだ小銃を装備しており、1941年以降短機関銃を持つようになった(Buchner)。Gajkowski[1995]所収の1944年の歩兵分隊の編成表では、分隊あたりの短機関銃が2丁に増えているので、おそらく副分隊長も短機関銃を持つようになったと思われる。

 いつからかは不明だが、少なくとも1944年には、3人目の機関銃手(弾薬箱を持つ役)は廃止されて、分隊の人数は9名になった。大戦末期には、さらに人数は8名になっている(Gajkowski)。逆に、開戦時には分隊長も含めて13名であった。

 小銃と短機関銃の比率は、山岳兵、戦車擲弾兵、猟兵などの細かい種別によってそれぞれの変遷があるようである。これについてはいずれまた、それぞれの項目を立てて取り上げたい。

  • 第2分隊
  • 第3分隊
  • 第4分隊

 開戦当時、歩兵小隊には3個分隊しかなかった。1940年春に4個分隊に変更され、1943年10月に大規模な改変が行われてまた3個に戻った(U.S.War Dept.)。上記のように、それに伴って分隊の人数は増えたり減ったりしている。また、改編はその機会を得た部隊から順に行われたし、何種類もの編成表が同時に有効とされることもごく普通であった(例えば開戦時の国防軍歩兵師団だけで4種類あった)ので、標準的な歩兵部隊をイメージすることは戦車部隊以上に困難である。

  • 軽迫撃砲班
  • 50ミリ迫撃砲班員 3名

 この兵器は大戦初期の代表的な支援兵器で、開戦時に最も装備の良かった師団(第1波)は小隊に3門持っていたが、最も装備の悪い歩兵師団(第4波)はまったく持っていなかった(Dr.Leo.Nieholsterのサイトに掲げられた開戦時編成表による)。結局大戦後半になると、この兵器は威力不足ということで装備から外されて行く。

第2小隊

第3小隊

対戦車銃分隊

  • 対戦車銃分隊長(下士官、自転車)
  • 対戦車銃班 2人×3チーム(対戦車銃計3丁)

 対戦車銃の生産が1942年に激減していることから判断すると、対戦車銃分隊はおそらく1941年末か1942年初めに廃止されたと思われる。1943年から1944年にかけて、いろいろなタイプの歩兵において相次いで、パンツァーシュレックを持った対戦車分隊が中隊に配属された(Gajkowski)。こうした対戦車分隊や対戦車班は、他の歩兵より余計にパンツァーファウストを持っていたであろうが、パンツァーファウストを扱う専門の部隊と言うのはなかったようである。

 その中間の時期(ただし1943年以降)に、小銃擲弾の専用発射機であるGranatbuckse39が対戦車銃の後継として配備されたと思われる。この兵器は小銃以上に重いので、この兵器を持つと小銃が持てず、専従班でないと扱えないと思われるからである。この点については、1943年前半の編制が不明なので確認できない。

 同じ小銃擲弾を打ち出すための、小銃の先端につけるアタッチメントは、各分隊に1個の割で支給されていた(Buchner)。専用発射機を使わない場合、反動を吸収しきれず射程が短くなったり、狙いがずれたりする欠点があった。

補給段列

  • 中隊先任曹長(自転車)
  • 段列指揮官
  • 武器・装備担当下士官
  • 1頭立て馬車または2頭立て馬車3台、御者各1名
  • 4頭立て馬車1台、御者2名
  • 4頭立て烹炊馬車1台、御者2名、炊事兵2名、炊事兵助手2名

 行軍中は、この段列は大隊レベルでまとまって行動する

 この段列が運ぶものは、比較的戦闘に直結した物資である。武器・弾薬・工具といったものが主な中身だが、予備部品や医療器材と言った、中隊本部レベルで使う器材・部品もここにあったであろう(Buchner) 。U.S.War Dept.(p300)によると、烹炊馬車と共に携帯食糧1食分、食事材料1食分が運ばれていたとあるから、これらの食糧・食材もこれらの馬車で運ばれていたと思われる。同書によると、補給段列にもう1食の携帯食糧があったというから、もし小隊の馬車が携帯食糧をまったく運んでいなかったとすれば、さらに1食分がこの馬車に積まれていたことになる。しかしCondellら[2001](書誌情報は「悲しいマラソンランナー」参照)は、兵士たちが携帯するHalf Iron Portion(肉の缶詰などが省略されている)と烹炊馬車が持つIron Portionが各1食、合わせて2食と記述しており(p.250)、こちらが正しいのではないかと思われる。上に書いたように食事材料と合わせると、烹炊馬車はやはり食料2食分を持っていることになる。

 個人用の荷物は、質の良い機材で比較的容易な行軍路を取っているような、輸送力に余裕のあるときはいくらか持ってもらえるが、基本的にこのレベルではあまり預かってもらえない(Frank)。

 中隊先任曹長は、中隊長が戦闘指揮に専念できるよう、後方におけるあらゆる問題を可能な限り処理する。小隊長が欠けたときは、臨時に小隊の指揮を執ることもある(Buchner)。

 烹炊馬車は田宮模型がキットを発売してすっかり有名になったが、150リットルの大釜を装備していて、戦場では将校も兵も一つ釜の食事を取る。

糧食段列I

  • 下士官(自転車)1名
  • 兵1名
  • 2頭立て馬車1台、御者1名

 行軍中は、この段列は大隊レベルでまとまって行動する。食材1食分を積んでいる。

糧食段列II

  • 下士官1名
  • 兵1名(オートバイ)
  • 3トントラック1台、運転手1名、助手1名

 行軍中は、この段列は連隊レベルでまとまって行動する。食材1食分を積んでいる。

 Condellら[2001](書誌情報は「悲しいマラソンランナー」参照)によると、師団の補給所まで糧食を取りに行くのは糧食段列IIの役目であり、糧食段列Iは馬匹編成、糧食段列IIは車両編成とするのが原則である。機械化部隊の場合はすべて車両編成となるので、糧食段列はIとIIに分かれない。(pp.245-246)もっとも独立突撃砲中隊の編成定数表に糧食段列IとIIが別々に書かれているのは見たことがある。

後方段列

  • 主計下士官(段列指揮官)1名
  • 助手1名
  • 縫工手1名
  • 靴工手1名
  • 馬具工手1名
  • 兵(サイドカー)1名
  • 3トントラック2台、運転手2名
  • 書類・予備衣類・工具担当助手1名
  • 兵士個人用品(衣類と雑嚢)担当助手1名

 行軍中は、この段列は連隊レベルでまとまって行動する。

 Frank(p.20)によると、行軍中の兵士の個人用品のうち75%はこの段列が運んでいた(残りは自分で背負うことになる)。この中には毛布やコートが含まれていたから、天候や周囲の状況によっては、兵士たちはひどく困ったことになった。

注1 ドイツ軍はアメリカ軍と同様に、軍曹を4つのランクに細分化している。上から2番目のランクは、アメリカ軍ではTechnical Sergeantと呼ばれるので、模型の解説書などではこれに当たるドイツの階級、Feldwebelを技術軍曹と訳している場合がある。この文章ではこの訳語に従うことにする。従って、ドイツ陸軍の下士官は階級の高い方から順に、曹長、一等軍曹、技術軍曹、二等軍曹、三等軍曹となる。その下の階級である伍長は、日本陸軍では下士官だが、ドイツ軍では兵として扱われる。

参考文献

  • Buchner A.[1991]'The German Infantry Handbook',Schiffer,ISBN 0-88740-284-4
  • Frank R.[1994]'Trucks of the Wehrmacht',Schiffer,ISBN 0-88740-686-6
  • Gajkowski M.[1995]'German Squad Tactics in WWII',no ISBN (Desktop Publishing from G.F.Nafziger)
  • U.S.War Department[1990]'Handbook on German Military Forces',Louisiana State Univ. Press(Paperback 1995),ISBN 0-8071-2011-1

付録:歩兵中隊内の馬車について

 アームズマガジン2016年5月号のSTEINER氏の記事「軍装画報」にIf.8が取り上げられたので、この機会に馬車の話を書いておこうと思う。

 上記のBuchner[1991]に基づく話は、1940年春の第1波(戦前から存在する最優良)歩兵師団のものである。STEINER氏の記事にある、1個分隊が13名の分隊は少し古いもので、KStN 131a (R) (2.11.1937)にみられる。Christfer Awender氏のサイトにある編制表では分隊長と副分隊長が3個分隊分まとめて表示されているので見にくいが、13名×3個分隊になっている。Adam Lid氏の第1次大戦ドイツ騎兵に関するサイトにある写真を借りると、水冷式のMG08/15機関銃には弾薬箱と同じくらいの大きさの水タンクが必要である。MG34が普及するまで、これを持つために軽機関銃チームは4名だった。

「Hf.11 oder Hf.13」と書かれているのが烹炊馬車なのはお分かりと思う。細部しか違わないHf.11またはHf.13のどちらかが配備されたが、これは2輪馬車が2両1組になったものである。片方に大釜があり、もう片方に食材を積む。食材はVerpflegungstross(糧食段列)のHf.1にも積まれている。1937年には、糧食段列IIは大隊本部に直属していたので中隊の編制表にない。

 なお(R)というのはReich(本国)を意味し、Ostpreussenにいる部隊だけは編制表が別だった。どこが違うかというと糧食段列IIである。これは師団補給処と糧食段列Iの間で荷物(主に毎日の食料)を運ぶ役目だが、原則としてトラックであるところ、狭い東プロイセンでは馬車編成に値切られていたのである。戦争が始まってからは、この区別はなくなった。

 ここで話に出てきたHf.1と、編制表に何両も含まれるHf.7/11はいずれも馬車の規格名である。ただし7/11の11は用途区分のようなものらしく、ハードウェアとしてはHf.7である。

自重最大ペイロード材質
Hf.1610kg750kg木製
Hf.71040kg1500kg鉄製

 戦前には、中隊の輸送力は主に鉄製の重い馬車が担っていた。ここに割り込むように登場したのが、If.8である。

 If.8は海外のリエナクターにも人気があるようで、専門のサイトが作られている。そこにはIf.8の公式取扱説明書H.Dv.193/1のスキャンデータが図入りで収められている。その日付は1941年8月2日となっており、If.8の用途は「Waffen mit Munition und Zubehör(武器を弾薬や付属品とともに)」運ぶことだと書いてある。つまり独ソ戦に備えて、しかし独ソ戦が始まる前に用意されたものということになるし、想定される積荷は武器弾薬であって食糧だの水だのではないということである。

 炊事の煙はそれ自体が目標になる。だから戦線の相当後ろでないと炊事はできないし、ドイツ軍の場合は調理された温かい昼食を保温容器に入れ、兵士が背負って前線に届け、そのとき夕食と朝食の食材も一緒に運ぶ。火を起こせるなら前線で火を通せるが、無理なら冷たいまま食べることになるわけである。

 弾薬もそれだけの距離を取りに行くのでは、激しい消費に見合った補充手段が必要になる。例えば「夜通し軽機関銃を打ち続けた」などという体験談がときどき兵士の手記に出てくるが、1分に5発ずつ8時間打ち続けると2400発が必要ということになってしまうのである。おそらくポーランド戦やフランス戦での難渋を踏まえ、If.8が各小隊に必要ということになったのであろう。If.8は自重80kg余りで、350kgのペイロードを持つ。しばしば写真では2両いちどに引かれているし、2両に馬1頭の割で輓馬が用意されるのが普通である。ただしリヤカーのように人が引けるアタッチメントがついている。

 ところが1943年以降になると、「Hf.1 oder Ef.43」とか「Pleskau 2」とかいった表記が編制表に現れる。Hf.1より簡略化された木製馬車としてまずErsatzfeldwagen 40が生産され、さらに簡略化されたEf.43があらわれた。名前からすると、まず訓練部隊用の馬車から置き換えが始まったのであろう。これらは主にHf.1を代替した。

 そしてPleskauであるが、これはソヴィエト領内の生産設備や木材を使って作られた農業馬車で、Pleskau Iが2輪馬車、IIが4輪馬車であった。Rolf-Dieter Müller[1991],Die deutsche Wirtschaftspolitik in den besetzten sowjetischen Gebieten 1941-1943の271頁によると、1942年から1944年までに各種合計26万両が作られたという。

 頑丈な鋼製馬車のHf.7が農家風の木製馬車に置き換えられたわけだから、1941年とは事情が変わり、If.8も中隊のストックする物資を乗せっ放しにする分が出てきたのではないかと想像できる。まあストックそのものも減ったのではないかと思うが。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-31 (木) 04:31:10 (691d)