Web拍手の1行メッセージでご感想など頂けると励みになります。


FrontPage

Counter: 6257, today: 2, yesterday: 0

12/19

Hello there! I could have sworn I've been to your blog before but after 
browsing through a few of the articles I realized it's new to me. Nonetheless, 
I'm definitely delighted I discovered it and I'll be bookmarking it and 
checking back often!

Pretending to be another person is the oldest trick in network space. I've been in net space for 25 years, even before 'the' internet was connected with personal dial-up networks. My site has a blog part but for several years it is devoted to games serviced/sold only in Japan. No military element.

At least you noticed military issue is barely my main concern, and IJA&IJN issue is weighted even smaller, in comparison to European theater. Seeing many incidents these days, priority of Pacific theater went to nothing. I am considerably old so IJA&IJN part might never be updated.

12/15

What's up Dear, are you really visiting this website daily, if so after that
you will without doubt take pleasant know-how.

You wanna enjoy a BBQ lunch in my garden? I am busy in earning for buying military books, not asking somebody for free. My site is not for prevailing peace on the earth.

12/6

なにわの総統一代記を未だに読み返します。
最初読んだ頃は色々ネタがわからないところがあったのですが
軍事や歴史知識を持った今読み返すと色々作者様の仕込んだネタや知識の細かさに驚き、
また楽しませてもらってます。
ほんとうに良い作品を読ませていただき、ありがとうございます。

 15年も経ちますと「じつは正しくはこうだった」というところもいろいろ気づくのですが、エンターテイメントにはテンポが大切です。「正確になったけど面白くなくなった」という結果を恐れて、改稿はしないようにしています。

10/31

I rarely create remarks, however after reading a great deal of remarks on 
web拍手送信完了!. I actually do have 2 questions for you if you tend not to
mind. Could it be only me or does it look like like some of these responses
appear as if they are coming from brain dead folks? :-P And, if you are writing
at additional social sites, I would like to keep up with everything new you
have to post. Would you post a list of the complete urls of your social sites
like your Facebook page, twitter feed, or linkedin profile?

I assume you are not very interested to read my fan novels based on Japanese animations, with heavy crossover, and on pieces mostly inaccessible for foreign fans because many pieces are too old. Comments on them must be somewhat simpler relative to those for historical non-fictions.

More or less Japanese military buffs conceal themselves. From Japanese Communist Party to right-wing nationalists many groups are active in our society and they can do many things to harass persona non grata. I openly have stated I do not trust anybody only if she/he is a military buff.

10/24

(言えない...チキンになりすぎてA1だけでトルネードからデンドロビウムまで
開発するまでのアホプレイをしてたなんて...まあ、そのあとはデンドロ無双で
かなり楽ですが。)

 コンテンツが乱立しすぎて、もう個性的なプレイを広めるのは難しくなってしまいましたねえ。

10/12

 一部人物を特定する表現をぼかしてお送りいたします。

脚気と壊血病がごっちゃになっていますよ。

 あっ。直しました。ありがとうございます。

「ナチスのキッチン」をお読みになりましたか?肉汁の面白い話が載っています。
ところで、ナチスドイツの航空燃料についての詳しいサイトなど御存知ありませんか?

 最近イギリスの補給事情に関して2冊ばかり読んだところです。ドイツの方は戦時食糧パッケージ写真集とかリエナクターによる再現料理写真集とか、読まないうちに埋もれてしまっています。

 航空燃料の話は、私が航空燃料のそのまた類別と言うあたりに弱いのと、ほっとけば誰かが書くだろうということで、放っております。ちょいとググるとこのあたりが出てまいります。

http://reformed-theology.org/html/books/wall_street/index.html http://www.airpower.maxwell.af.mil/airchronicles/aureview/1981/jul-aug/becker.htm http://kb.osu.edu/dspace/bitstream/handle/1811/3612/V47N06_259.pdf;jsessionid=480D9FC3451EEEA07F1933C4C4895E0B?sequence=1 http://forum.axishistory.com/viewtopic.php?f=66&t=78524

10/5

「ディーゼルの響き-ドイツのトラックと補給部隊-」を興味深く拝読しています。
クルップ・プロッツに兵員輸送型と牽引用は見えてもシートのない貨物輸送用を
見かけない理由が、なんとなく腹落ちしました。ありがとうございます。問題は
私の頭の中でこれらとNSKKやシュペーア輸送軍団の位置づけとが全然結びつかない
ところです。あゝ。

 NSKKは自動車を持つ党員有志がデモなどでの動員者を運ぶ組織から始まり、国民に自動車教育を与える組織としての側面を強く持った時期もありました。グライダーを教えるNSFKとNSKKを並べて1冊の本にする研究者がいたのもそのためでしょう。

 シュペーアは帝国首都建設総監とでもいうべき地位にいましたから、トート機関とは別に、いろいろな工事を指揮していました。そして戦時が近づくと、シュペーアとトート機関のそれぞれに協力するトラック部隊がNSKKの中にできました。そして例えばシュペーアが西方防壁の仕事を請けると、協力側もそれにつれて仕事を変えました。シュペーアが1942年に兵器・弾薬大臣になると、工場からの兵器・弾薬納品にNSKKシュペーア旅団が関わるようになりました。東部戦線のNSKKは、鉄道駅から(そこより遠くまで進出させたい場合に)軍の物資集積所という根っこに近い部分を受け持っていたと思います。

 これとは別にLegion Speerというものもありました。これは外国人を受け入れ、ときに徴用して、ドライバー不足を補うものでした。これらすべてをひっくるめて統一したのが1944年のシュペーア輸送軍団でした。NSKKは廃止されなかったのですが、創設者でヒトラーにコネのあるヒューンラインが1942年に死んだので、実権を奪われた格好ですね。

8/15

たまに来て読んでは、感銘を受けています。いつもありがとうございます。

 ありがとうございます。ミリタリー業界のドアの外で聞き耳を立てていると、いろいろなものが聞こえてきます。自分の資源をかけてあれを推すとか、これをかなえるとか。そうしたことがないままここまで来て、何かをしない理由も、何かをすることの自分と周囲への害悪も、すこし多く見過ぎてしまったかもしれません。

3/14

「提督はつらいよ」完結記念に拍手を送ります。世界観がしっかりしていて、
大変素直に楽しむことが出来ました。今後も、貴鎮守府所属艦隊の活躍のあらん
ことを。

 いつも変わらずありがとうございます。世間は何を望んでいるんだろうと考えないわけではないのですが、自分の人生が残り少なくなってくると、だんだんどうでもよくなってきた気がします。

 人間がMMORPGをやってても、ゲームの中のことなのに本気で怒ったり本気で悩んだりします。この人のためだったら自分の時間を使ってあげる……などということがごく普通にあるのですね。ゲームキャラにとってはこっちが仮想世界で、こっちで死んでも向こうじゃ生きてるわけです。だからといってこっちで必死にならないわけではない……というあたりを書こうとしました。じつは艦これ提督勢はあんまりそういうマルチプレイヤーゲームに免疫がない人が多くて、ああ俺も昔はこういうのに怒ったよなあ……などと思うこともあります。

Good article! We are linking to this particularly great article on our website. Keep up the great writing.
I always spent my half an hour to read this webpage's articles daily along with a mug of coffee.
It's the best time to make some plans for the long run and it's time to
be happy. I've read this publish and if I may just I want to suggest
you some interesting things or suggestions. Maybe you could write next
articles referring to this article. I wish to read even more issues about it!

I assume three lines in English within a day would be from the same person, I am sorry if not.

My high school teacher of English, devoted in English literature, said that 'essay' was being faded away as a genre. Japanese allow short articles without any conclusion (just a thought or feeling) while others in the world believe any column-sized article was to be a story. I found a few English books on European wartime life full of short episode, but surely not as common as in Japanese publications.

2015/3/12

It's a shame you don't have a donate button! I'd definitely donate to 
this outstanding blog! I guess for now i'll settle for book-marking 
and adding your RSS feed to my Google account. I look forward to brand
new updates and will share this site with my Facebook group. Talk soon!

Thanks. My employer is very conscious about our second business so it's good both for readers and me to keep this site free of charge.

Hey! This is my 1st comment here so I just wanted to give a quick shout
out and say I really enjoy reading your articles. Can you recommend
any other blogs/websites/forums that go over the same subjects?
Thanks a ton!

Most Japanese military buffs on IJA/IJN are satisfied in reading materials, free or paid, in Japanese. Though detail-oriented scale modellers often buy French, or even Polish books, Japanese IJA/IJN fans have no incentive to be used to English. I have those contents on my site because I am NOT an IJA/IJN enthusiast.

2015/3/2

11話を、今回も楽しく拝見しました。引き続きの掲載を楽しみにしております。

 11~13話は相互のつじつまを合わせるのが大変で、11話を公開したときには12話はほぼできていて、この感想を頂いた時には13話の途中でした。というわけで13話公開後のお返事となりましたが、楽しんでいただければ幸いです。少し経ったらあとがきをつけようとは思っておりますが。

2015/2/26

Thankfulness to my father who stated to me regarding this website, 
this webpage is truly amazing.

Welcome aboard. Since 1998 I have kept this site but you are the first second-generation visitor. Enjoy.

2015/2/20

私も最近になってドイツ語の書籍を買う様になりました。
ドイツ語は独学なのでまだまだではありますが、とても楽しい毎日です。

 なんかヴェスペに乗っていた兵隊さんの回想を見つけたんですが、ドイツ語なので頭を抱えています。

2015/2/3

はじめまして。もはや当時の仔細はおぼろげですが、インターネットを始めて間もない頃に
『なにわの総統一代記』を拝読し、いたく感銘を受けた事は今でもはっきりと思い出せます。
ふとしたきっかけで2015年の今にその存在を思い出し、悪戦苦闘の末どうにかこちらのページに
辿り着くことができました。今読み返しても全く色褪せぬ名作であり、私にとっては一種の
バイブルであるなあと感慨深い思いです。マイソフ様のおかげで今でもこうして当時の書式
ほぼそのままで読むことができることを本当に嬉しく思います。これを機にマイソフ様の
他作品も読ませていただきたいと考えており、陰ながら執筆を応援させていただきたいと
思っております。改めて、このような素晴らしい作品を無償で公開してくださり、
ありがとうございました。

 メッセージありがとうございます。個人サイトを回る人そのものが減ってしまって、アマチュア小説を掘るのはもっぱら専用掲示板という風潮になっておりますが、わたくし秋葉原であれコミケであれ、およそヲタクが集まる場所というものにアウェイ感しか持ったことがありません。まあ世間の感覚なんて自分の感覚とは違うもんだと思っておりますので、あんまりそれに腹も立たないし、何とかしようとも思わないのです。

2014/12/5

First off I want to say superb blog! I had a quick question in which I'd like to ask if you don't mind. 
I was interested to find out how you center yourself and clear your head before writing. 
I have had trouble clearing my mind in getting my thoughts out. I truly do take pleasure in writing 
however it just seems like the first 10 to 15 minutes are wasted just trying to figure out how to begin. 
Any recommendations or hints? Cheers!
Hi there mates, fastidious paragraph and fastidious arguments commented here, 
I am truly enjoying by these.

Thanks for your visit. I've received two comments in a row in two days. Counting on that I place 'webclap' button only with Japanese instruction, I can estimate two forum members who read kanji:-)

The simplest way to write fastidious, clear entries is to write only things clear. That is, not to try to cover 'all' topics on a category; just deal with the softest nuts. Firstly make up parts by what I know, and secondly think if it makes sense for the readers by sorting them out. Also many questions makes up a tree; they come on our mind one by one, when working on other question. It is always diffecult when to stop them and concentrates on just sorting. On the contrary, orphan entries are left after the sorting, so I put them into 'Others' tag. Sometimes it grows up to a new tree after additional related section has been worked out.

About 15 years ago, when Dr. Leo Nieholster built up his first pages on IJA&IJN organizations, I sent many comments on Japanese sources, mainly an organization chart of the combined fleet, 1 Dec 1941 in Senshi Sosho. He sent me many questions, and some were hard to reply. It was a good training for me and my mind was sorted out what information was lacking in English on IJA/IJN issue.

Of course there was no mediawiki those day; my 'Organization of IJA&N' looks sorted-out because it was literally sorted out several times. Not the matter of minutes, but weeks. Enjoy.

2014/11/27

「提督はつらいよ」楽しく読ませてもらってます。

 すみませんすみませんすみません。小谷城に加えて柳之丸まで拾ってしまって。

2014/11/20

楽しく読ませてもらいました。
艦娘の続きもがんばってください。

「ビリー・ミリガンと39枚の編成表」というタイトルをツイートしたら普段届かない界隈にRTが飛んだのですが、そちらからのお客様でしょうか。すいません最近御城を増やすのに忙しくて。そろそろ娑婆に戻ります。

2014/11/15

がんばって下さい。(*´-`)

 ども。じつは更新直前の拍手で、何をがんばったらいいのかわからないわけですががんばります。

2014/11/4

ドイツ軍の糧食につき大変参考となりました。

 書いた本人も忘れているコンテンツがうちのサイトには散在しております。いつか誰かに入り用になるというのは、ありがたいことですね。

いつも楽しく拝見しています。
なにわの総統も好きですが、洋書で貧乏になるや、騎兵の話など、様々な視点が好きです。
組織に影響される世の中では、力学も大事ですが原則、哲学だけでなく、バランス感覚も
また大事と思っています。
最貧戦線もまたよいのですが、こちらもそのうち一冊お出しいただけると嬉しいですね。
それでは失礼します。

 Kindleなどというものも出てきましたので、そのうち何らかの形で、とは思っております。

2014/10/20

「提督はつらいよ」を楽しく読ませていただきました。ありがとうございました。
主人公の心情の距離感と取り巻く環境になごみます。

 ありがとうございます。第4話になって久しぶりに更新直後のweb拍手が入りました。web拍手というのは創作同人文化であるらしく、二次創作の更新以外では更新直後に入らず、それもいつも入るわけではないのです。

 創作同人に携わる人の中には、ジャンルを変えるたびにハンドルとサイトを新調する方がいらっしゃいます。「A×Bを推奨するなんて信じられない」「えっCなんて推すの」みたいなdisりが従来の読者から上がることを懸念なさってのことのようで、まあ厳しい世界でございます。

 ずいぶん前ですが、あるWeb小説書きの方とこんなやりとりがありました。

「マイソフさんとこはいろいろやりすぎて、『とらドラ!』のコンテンツが見つけにくくなっているのではないですか」

「当サイトには10年を超える歴史があり、流行り廃りのあるコンテンツの中に『とらドラ!』もあるということです」

 マイソフはジャンルを守らない代わり、巨大個人誌としてのサイトのカラーを守ることを選びました。「艦これ」ですら。まあよーく見ると、提督大学校の跡地がGEB(海上護衛総司令部の略称、1943年11月15-30日と1944年11月24日-終戦に上大岡の海軍大学校跡地にあった)だとか、思い出したように細かいミリネタは埋め込んでいるのですが。

 今後ともよろしくお願いします。

2014/2/3

戦鳥は眺めておりましたが、こんなおもろいものを10年も知らなかったとは

 あそこの「連続小説ゲーム」にCCさくらネタを書き散らしていたのが10年以上前ですね。今後ともひとつよろしく。

2014/1/30

巻頭言を読みました。
正しい姿勢だと思います。
もっとも私自身は資金力も知識もないので人様のサイトを見て楽しむ側の人間ですが(笑)
ごく少数派の人間が、ごく普通の常識的な姿勢で、思い切り趣味に走った発信を
する。そういう健全なHPが今後とも栄えることを願っています。
何より私が楽しめますから(笑)アリガトウ!

 欧州戦記資料巻頭言へのコメントありがとうございます。

 最近「黒執事(実写版)」と「ヌイグルマーZ」を続けざまに見ました。前者は剛力映画が続けざまに反発を食らったことも受けてか、原作ファンの反発を真剣に恐れ、配慮したことが関係者コメントからも映画そのものからも伝わってきます。後者は対照的に、製作側がいかに楽しんだか、いかにやりたいことをやったかがむしろ積極的に発信されています。実物を見ると、やはり後者に観客不在な臭いを強く感じてしまいました。

 読者の目から見てどうなのか……というところはしっかり保ってゆきたいと思っています。

2014/1/27

「なにわの総統一代記」おもしろかったです。おっちゃんとイーファとの
距離感とか、いいですね。フォン・ブラウンや(ネタバレ伏字)のゲスト出演も
楽しませてもらいました。

 エド・マローやキッシンジャーも重要人物なんですが旬じゃないのかチラリすぎるのかだいたいスルーされますね。ありがとうございます。

2014/1/20

アーヘンの戦い設定で戦争ごっこをやる予定なので、大変勉強になりました。
素晴らしい記事を有り難うございます!

 まあ車両主体の戦闘でないという意味では、いいかもしれんですね。あまり初期の戦闘だと突撃銃を使えませんし。

2013/12/9

3-4は鬼畜すぎる

 いやまったく、長門は欲しいけどあそこには行きたくないです。

2013/8/5

初心者の僕には、とても役にたちました。有賀と大オ(約900字中略)おう

お、おう。真剣になりすぎなければ、いいゲームですよ。

2013/8/4

現代ファンタジー、早速の更新をありがとうございます。確かにいつの間にか何かに
組み込まれて、責任が発生していて、それを自覚して恐ろしくなる、ってのは世の
中の常ですよねえ。大学生にしてはえらく自覚が早いのが主人公補正でしょうか。

 自覚したつもりが、やっぱり鉄火場になると本当の意味が分かって阿鼻叫喚、もうオイラいやだ降ろしてくれえ……というあたりがうまく描ければいいのですが。

2013/7/14

8年ぶりぐらいに来たらいっぱい増えていて嬉しいです。便利屋の第3話、期待しています。

 いやあ書いた本人も忘れておりました。ちょうど北上もレベル50になったし書いてみますかね。というか裏設定を本人が全部忘れて、しかも直近に気に入って2回見たのが「銀魂完結編」では何が起こることやら。

2013/6/5

欧州戦記資料。非常にためになるものでした。英訳ならできるのですが、
ドイツ語はできませんのですごくありがたいです。

 じつはですね。オンラインのドイツ語資料を例えばGoogle Chromeで読むと、自動翻訳するかと聞いてきます。「翻訳」を選ぶと日本語に直して来るのですが、これはまああまり役に立ちません。ところがですね。「このページはドイツ語から日本語に翻訳されました」と出て、翻訳先の言語に日本語以外を選ぶためのメニューが出ます。

 ここでですね。「英語」を選ぶわけです。独文英訳です。こうすると……けっこう読めるんですよ。まあinfanteriedivisionくらいならたぶん歩兵師団だろうとわかりますけど、私も実はドイツ語は四苦八苦で、でもこの手で大分助かっています。

 これを応用すると、露文英訳などもできます。Wikipediaでソビエト軍関係のページを見つけて、その「Русский(ロシア語)」のページをクリックし、英訳してみると英語版より詳しい……なんてことがよくあります。ページによっては構成が複雑でうまく行かないのですが、web翻訳専門のページを使う手もあります。なかなか楽しいのでぜひお試しを。

2013/4/6

ふたばで大阪のおっさんがヒトラーに~という作品がある と紹介されて
読みに来て、読みました。
面白かったです。
こういった歴史改変物は面白くて好きです。執筆活動頑張ってください

 ありがとうございます。15年前に書いたものばかり評価されておりますので、最近はあまり頑張っておりません。

2013/4/2

じーくじおん

 お、おう。

2013/2/11

%96%ca%94%92%82%a2%81I%88%ea%8bC%82%c9%93%c7%82%dd%82%dc%82%b5%82%bd%81B

 たぶん「面白い。一気に読みました。」というようなSJISコードが文字化けしたのだと思います。どうもありがとうございます。

2013/2/10

大変参考になります。これからもがんばってください。

「児童ポルノ法改正をめぐる論点整理」がここ数日読まれているようです。例えば違法ダウンロード問題でも、建前はストリーミングなYoutubeが実装上キャッシュを持っているのをどうしますかなどという話がありました。賛成でも反対でも細かいところは確かめておいた方がいいと思いますよ。

2013/1/23

再世篇完結おめでとうございます。
大変大変楽しく拝読いたしました。追いかけるのは疲れましたですけど
その甲斐があったというものです。
35話当たりがら涙腺がだいぶいけないことになって困っていたのですが、
44話では大崩壊してしまいました。会社で読んでんですけどね。大分涙を
流したので、これで当分の間は行ったり来たりを楽しめそうです。
本当におつかれさま。そして、ありがとうございます。

 いつもありがとうございます。「真マジンガー」自体が「ちゃんと終わっていないアニメ」なので頭を抱えたのですが、甲児とドクターヘルの会話でどうにか収まりを付けました。

ところで、ええっと、つまりこれでまた短編の季節が巡って来たってことを
期待していていいのですよね?

 すっかり時代が変わったなあと正直思うのですね。二次創作でなければ、kindleなんていう収益モデルも出てきました。その一方で「ファンだろ! ファンなんだろ! BD6枚に4万出せよ」というような世界にも思うところあり、まあいろいろと未定です。

2012/11/27

29話、(ネタバレ自粛)名刺を見たとき涙腺が崩壊しました・・・ 

 13年たってまだ読んでいただけるというのはこのご時世では稀有なことと感謝しています。でも最近作も感想ちょうだい(心の叫び)。

 まあ少なくとも、「なにわの総統」の純然たるミリタリー要素がイイって人はあんまりいないのですよね。もっぱら28話、29話、30話です。

2012/10/17

どうやってA-1でストライクを手に入れるんですか?

該当記事に書いときました。まあ私も最近マニュアルを読むのが面倒になってこーだろうと思って突っ走ったら違ってていろいろ迷惑かけたりするので人のことは言いません。

2012/9/10

行ったり来たりしながら、たいへんたのしく拝読しています。
折り返し点到達とのこと、後半戦もたのしみにしています。
なかがき拝読していて、ビューティフル・ドリーマーの給湯室の
しのぶのセリフを思い出しました。

 まあこの作品も夢シーンだの内緒の念話だのゼロシステムだの(笑)、最初から未来予測と修正が交錯している面がありますね。よろしくお願いいたします。

2012/8/4

Gジェネウォーズ攻略wiki、管理人がスパム対処もせず放棄状態なので新wikiに
移行してます。http://www34.atwiki.jp/ggenewars/

 通報ありがとうございます。対処についてはこちらをご覧ください

2012/6/7

lyricalSRWZ で最初からハレルヤとは一体、いやね見てないなら、元々の原作を
最初から見てないって言いましょうよ、全体的なクオリティを見ても、
出来の悪い三次創作としか言えません。

 第35話bの誤植のご指摘ありがとうございました。お気に召すサイトに出会われることを願っております。ああ、その後別の方のご指摘でアントワープとブリュッセルを2カ所ばかり取り違えて。

2012/5/29

相変わらず楽しく拝読しています。先日、機会を得てミュンヘンに行ってきました。
名所見学などもしましたがかたっぱしからNSDAPゆかりの地なのが大笑いでした。
でも、オデヲン・プラーツではなの総の第13話「最初で最後のラジオなの」を
思い出して、思わず涙してしまいました。ああ、ここがあの演説のあった
場所なのかと。
慣れぬ海外旅行でリアルと主ミュレーションの識別機能がイカれたようです。
連載の始まった再世篇も楽しみにしています。

 いいですねえ。出不精ではあるんですがもう少し海外にも行ってみたいなあ。じつはミュンヘンは行ったことがなくて、あのときはGoogle Mapsで「あの広場からこの建物は見えそうか」とか考えながら書いていました。アニメ系の創作に「現実」を持ち込むのは野暮だという人がいますが、まあ日常話オンリーなら現実無視もありだと思います。でも命のやり取りが入ると、話に重みをつけるために「その世界の現実感覚」は要るんですよ。「魔法の国が消えてゆく」みたいに丸ごと仮想現実を作るんなら別として。現実世界の人を持ちこんだら、少なくとも現実感覚は持ち込まれてしまいますしね。

 今後ともよろしくお願いいたします。

2012/1/9

リリカルスーパーロボット大戦ZII 完結&無事な着地、おめでとうございます。
楽しく拝読しました。いやー、長かったですねぇ。私自身はMAISOV様の長期連載を
直に体験するのは初めてなので、いろいろと新鮮でした。
これから当分は分岐を気にせずに一気に再読してまた楽しませてもらいます。
ありがとうございます。

 思った以上にしんどかったです。参りました。再世篇でどこが使われるかわからないので、すべてのイベントを一通り起こしておかねばならず、苦心の策がフローチャート全パクリでした。あれにだいぶストーリーの手足を縛られたので、再世篇は別の構成を取ろうと思っています。

01/09/2012

軍人 なのはの物語がツボにはまります

 リリスパのなのははほとんどドラマに絡むことがないので、ことさら職業軍人っぽい立ち位置を強調した書き方をしています。まあ、あんまり出番がないわけですけど。

09/27/2011

装甲擲弾兵小隊は、3個分隊と4個分隊の2種類あったのでしょうか?

 ざっと調べた限りではすべて3個分隊です。歩兵小隊は4個分隊のものが混在した時期もありますが。装甲擲弾兵小隊という言葉は開戦当初には存在しないのは御存じですね。1941年ごろからそういう言葉が編制定数表に出てくるようになりますが、そのころには歩兵部隊がいくらいても足りない状況がはっきりしていたんだと思います。

09/21/2011

今日友達にすすめられてはじめてみました
めちゃ面白かったです!!

ゆっくり休んでくださいね

 ネット外でちょっとげっそりすることがあってという話を書いたのはmixiの日記ですから、そっち方面の方でしょうか。まあこういうオジサンなのです。

08/26/2011

リリカルスーパーロボット大戦ZII、大変楽しく拝読しています。
こういう形式の作品の完結前に感想を申し上げるのがいいやらわるいやら、
迷うところです。ですから、今のところは大変面白く読んでおりますことを
お伝えして、応援に代えさせてください。

 お気遣い恐れ入ります。とんでもない規模のものに手を付けてしまって我ながら参っております。ネタが出尽くした後からの苦し紛れが面白いという作品も実際にはままあることで、長いということがそういう風に働けばいいなと思っております。

08/24/2011

なにわの総統一代記のその後のドイツを読んでみたいです。

 私は見たくないですね。簡単に言うと一度滅びるから。それを立て直すのは、私たちの歴史では全く無名の人たちでしょう。

06/19/2011

ニフティで連載されていたとは知りませんでした。
その当時知っていればとも思いましたが、今完結した中読む事ができたのは
それはそれでまた幸いだったかと思います。
いいものをありがとうございます。

 ニフティのFSFにはお世話になっていたので、そこでしか読めない状態を「なにわの総統一代記」完結後1年くらい続けたのは一種のお礼のつもりだったのですが、タダで読めるインターネットに出せと文句を言われこそすれ、それを評価されることはついになかったですねえ。小説のようにきっちり因果応報というわけにはいきません。

05/10/2011

ウォーズのオススメユニットを探していて辿り着きました。
wikiよりも為になる情報をフランクな文体で綴ってあり大変参考になりました。
ありがとー

 ウォーズはメカもマップもいろいろ出そうとして、人もメカも優遇不遇が結構出たんですよね。ワールドは良くも悪くも横並びになっちゃったから、図鑑コンプリート情報くらいしか正直書いて役に立ちそうなものがないです。

03/27/2011

Gジェネワールドの記事、参考になりました。どうもありがとうございます。
余談ですが、リンク先のwikiは本家wikiを乗っ取った悪質なアフィサイトらしいです。
(URL略)ここが元サイトが乗っ取られたために新たに移転した新Wikiとのことです。
リンク先はこちらに変えたほうがよさそうな気がします。

 おおっ。いつかは起こるかもと思っていたことが起きましたね。直しました。ついでに私のページの方でゲーム名を堂々と間違っていたのを直しました。ありがとうございます。

 まあ何しろ匿名掲示板ですから、それに準拠する義務もないわけです。ちょっと逆引きしてみましたが、前作「ウォーズ」の攻略wikiと、今回元サイトを持って行った先のwikiはドメインを取った業者もホスティング業者も同じです。ひょっとすると同じ人の個人サイトかもしれんです。今回発売直後に似たような攻略wikiがふたつ立ちあがって検索上位を競い合っていたのですが、匿名掲示板とがっちりリンクしていた側が勝ちそうになったのでごっそり持って行ったら反撃食らって今ここ、というところですね。

 個人サイトが怖いのは、丸ごと入れ替えが効くってことなのです。このサイトもそうなんですが、Pukiwikiのコードと設定ファイル1セットでmaisov.comひとつを動かしています。ある日あなたがhttp://maisov.if.tv/r/にアクセスしたら、そこにいるのはPukiwikiではなくて、踏んではいけない類のコードであるかもしれんわけです。そうならない担保は法的訴追を除けば、マイソフの個人的信用以外に何もないのですね。私としては個人サイトに攻略wikiが乗っているより、まがりなりにも業者サイトである@wikiに乗っている方が安心であるので、新wikiへの移転を支持します。リンクも直しました。

03/26/2011

なにわの総統一代記を久しぶりに読みましたが面白い。
特に最後の結末は何度読んでも感動します。
それでも是非ともおっちゃんもイーファも幸せになってほしかったです。
素晴らしい名作に万歳!二人に幸あれ!

 死ぬってことは生き終わるってことだし、正義の味方ってあんまり幸せな老後にならないんですよね。そんなものですよ。

03/03/2011

  「ただ一輪の花のために(下)」拝読しました。とてもよかったです。
読み終えてみるとマコトにmaisov様らしい正調maisov節炸裂の話でした。
「管理局は協力者を見捨てない。」というのは見栄をきるときのセリフと
してマコトにかっこいいので大好きなのですが、今回の
「(ネタバレ伏字)」。これまた実に、実にいいセリフです。
次回作を一層倍楽しみにしています。

ところで歴史家のご尊名がこれまた、うれしいところです。 

 イラク戦争でジェシカ・ラングのケースがあったように、「仲間を見捨てない」というのは政治的に有効なポーズで、現代にも生きています。管理局がアメリカやNATOのようにふるまい、各管理世界が質量兵器を持たないよう監視しているとしたら、そういうウソも必要であろうし、また逆に現実の一部分だと思うのです。

 田中先生のマネジメントをされている安達さんはパソコン通信仲間で、いろいろお話を伺っています。ああYじゃなくてJと書くのが正しいのかな。

02/25/2011

ただ一輪の花のために(中)、楽しく拝読しました。
いや、派手な見せ場に思わず感動しました。やー、あれを動かしますか。
(ネタバレ規制)
次回をますます楽しみにしています。

 絶妙のタイミングでジージェネワールドが届いたので遅れております。しばらくお待ちください。

02/22/2011

カメラーデン、読ませて頂きました。
また泣いてしまいました。
これからもマイルドビターで上質な架空戦記をお書き下さい。
ありがとうございいました。 

 ほんとにこう、「なにわの総統一代記」が10年経ってもお引き立てをいただいているのに引き換え、「カメラーデン」は見事なまでに冷や飯を食っていて万感胸に迫るのであります。作戦の妙としてはなかなかのものだと思うのでありますが、まあロシアと言うかウクライナの地名がピンとこないせいで、マンシュタインがどういう罠を張っているのかピンとこないのでありましょうなあ。

02/15/2011

レントとシュナウファー、拝読しました。パイロット養成の話は、戦局の絡みで
大事だよと触れられることはあっても、養成そのものに焦点を当てた記述は
なかなかないですから、大変興味深かったです。パイロットの数と質の問題は、
養成される側と養成する側の両面から見ていくと、はっと思うものがありますよね。
短期教育の未熟練者と一言でなんとなく判っていた気になっていても、よくよく
考えるとそれがどんな状態かをまったく知らない、なんていうこともありました。
とりとめのない話になってしまい申し訳ありません。ともあれ、興味深い
コンテンツをありがとうございます。 

 日本の場合海軍の「飛行科」士官は兵学校を出た士官とは厳然と区別され、特務士官扱いで少佐から上にはなかなか上れなかったのですが、シュナウファーはたぶん短縮育成された現役士官の一期生です。つまり職業軍人の士官であって、「予備役の」士官というのが別に存在します。短縮課程を出たので昇進が遅め、という可能性もあるんですが、下級士官の細かいプロフィールなんて数が集まりませんからねえ。

一時期ページが見れなかったような・・・今日再発見できました! 

 一時期見られなかったのではなくて、maisov.oops.jp以下のコンテンツへの直リンクを放置していたのを、1月にすべて削除したのです。旧版へのリンクが張られ続けていたり、検索で上位にきたりする弊害があったので。今後ともよろしくお願いします。

『ただ一輪の花のために(上)』、拝読しました。
誰が命を掛けることになるのか、ドキドキしています。
(以下ネタばれ規制)

 今回も超時空ホームドラマ的な展開を予定しています。どうせこのキャラ死なないんだろ、と安心されてしまうのが二次創作の宿命ですが、オリキャラだとどっちに転ぶかわかりません。そのへんをまあ、うまく使えればいいなと。

01/18/2011

『松竹梅の男だぜ』、拝読しました。
どんなにおめでたい話かと思いましたら、たいへんにおめでたい話でした。
今年も楽しみにしています。よろしくおねがいいたします。 

 この種の二次創作は「Aが好きな人はBも好きとは限らない」ので、ジャンルを変えるときにサイトを丸ごと立て直して、ごく少数の友人にしか同一人物だと明かさない、などと言う方もおられます。私はその正反対で、サイト全体がまあ、お金は取らないけど、ウリモノであります。

 何かこう、同じようなものを売っているという自覚が高まると、なにか新商品が出したいなあという気持ちもわいてくるのであります。ただそれは世のメーカーさんクリエイターさん同様、やらなきゃよかった公文式と言う結果になるかもしれないんであります。

 そんなことを思いつつ迎えた新年、今年もよろしくお願い申し上げます。

01/12/2011

「やるトラ」さんの「ダディの総統一代記」から来ました。「なにわの~」、
非常に面白かったです、思わず一気に読んでしまいました。ムッソリーニの
宣言に思わず目頭が熱くなりました、いい小説をありがとうございます。 

 こちらこそ「ダディの総統一代記」探して楽しませてもらいました。 昔から一番人気は雑誌記者の女性、二番人気がムッソリーニなんですよね。 ナニワの総統閣下はニコ動で勝手にご活躍だし、いまさら許可も勝手も ないもので、オンラインである限り勝手にやって頂けば、乗れるとこだけ こっちでも乗っかります。まあこのサイトは有料サーバなんで、ここに何を 載せるかは自分で決めさせてほしいと思いますが。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-31 (木) 04:33:20 (1157d)